えぶりずむ。

真を見極めて生きる。 本来の人間とは何か。

『星の王子さま』子供向けの童話? いえ、哲学書です。

どうもこんにちは、あきひろです。

 

 

今まで、恥ずかしながら知るよしもありませんでした。

 

 

みなさんは、『星の王子さま』と聞いてどんな連想しますか?

 

 

子供向けの童話?

 

絵本??

 

ゆる〜い星にいるゆる〜い王子さまのおとぎ話し???

 

 

いえ、実は哲学書でした・・・(°▽°)

 

           f:id:akihiro53:20180723165500j:plain

 

なんとこの本は、

 

 

1943年に出版されて以来、

 

 

半世紀以上にわたって、世界じゅうで

150とも160とも言われる数の言語に訳され

 

 

その売り上げは4000万部〜5000万部にも達し、

 

 

聖書の次によく読まれていると言われる

 

 

世紀の大ベストセラーだった!!

 

 

心くすぐる愛らしい絵に、、、

 

 

ときめく金ピカのコーティング、、、

 

 

お値段、なんと・・・

 

 

518円!

 

 

即買いですよね?(笑)

 

 

ほぼフルカラーの愛らしい挿絵つきで、

 

 

ほどよ〜くお話しが区切られているので、

 

 

読書初心者にも200パーセントおすすめな本です!

 

 

 

みなさん、

 

 

今まで当たり前に、

 

 

なーんにも気にとめずに動いている、

 

 

この世の中のありようを疑って見てみたことはありますか?

 

 

純粋無垢な子供から見た、不思議でがんこな大人たち

 

 

そこに怒りはなく、純粋な疑問だけがふわふわと残り

 

 

すぅーっとその場を通り過ぎていく自由な子供。

 

 

クスッと笑ってしまう、

純粋で自由な「星の王子さま」と不思議でがんこな「大人」とのやりとりに

 

 

不思議な感覚の癒し・・・

 

 

せかせかした社会との関わりから少し離れて、

心の休息が取れるかもしれません。

 

 

以下、印象に残った星の王子さまや登場するキャラのセリフの抜粋です。

 

☆「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。

  いちばんたいせつなことは、目に見えない」

 

☆「地球の人たちって」

 「ひとつの庭園に、五千もバラを植えているよ・・・

  それなのに、さがしているものを見つけられない・・・」

 「だけどそれは、たった一輪のバラや、ほんの少しの水のなかに、

  あるのかもしれないよね・・・」

 「でも目では見えないんだ。心でさがさなくちゃ」

 

☆「人間たちって」

 「特急列車に乗っているのに、なにをさがしているのかもうわからないんだね。

  だからせかせか動いたり、同じところをぐるぐるまわったり・・・」

 「そんなこと、しなくていいのにね・・・」

 

 

 

自分は、今まで本当にしたいことをやって来たのだろうか、

 

 

いま一度、

二歩ほど下がり、

違った見方で自分を見つめ直すのもいいかもしれませんね☆彡